まさ出版の日記③           夢見ヶ崎の夢ファイル

「夢が叶う街、夢見ヶ崎」次はおぬしが夢をかにゃえる番じゃ

観客参加型の原画展

 

『ゆめみがさきのふしぎにゃトンネル』絵本展では、

 スイミー原画展を参考にして、次の3つのコーナーをつくる。

 

①夢が叶うみんなの木

 花びらの付箋に、あなたの夢を書いて木に貼ってね。みんなの夢が集まって、つながって。花が増えるほど、夢がかなう木がぐんぐん育ちます。

➡ 葉っぱのカタチの付箋に、来場者がレオレオニの好きな絵本を書き込んで木の幹に張り付けるコーナー。この隣にレオレオニの好きな絵本は何ですか?の有名人パネル。夢が叶う夢ファイルを「みんなの木」の隣に設置。スイミー原画展では、パネル、みんなの木、フォトスポットが入場口のプロローグにあった。

 

②夢が叶うフォトスポット

 「おぬしが ゆめを かにゃえる ばんじゃ」主人公のブサといっしょに写真を撮ろう。あなたの夢がかないますように……! 

➡レオレオニのでっかいポスターといっしょに写真が撮影できるフォトスポットがあった。ぶさのミニミュージカルでは、舞台セットの前で、写真を撮影する親子がいた♪ ここで写真をとると、夢が叶うフォトスポット。

 

③夢が叶うワークショップ

 「絵本作家になろう」をコンセプトにしたワークショップです。紙と鉛筆さえあれば、あなたも今日から絵本作家。今回は、スマホを使った絵本づくりも体験できます。

スイミー原画展では、レオレオニがどんなふうにして、あの独特の絵を生み出しているのか体験するワークショップのビデオ映像が流れていた。透明のアクリル板に絵具をつけてペタンと紙に押し付ける。たまたま浮かび上がった模様を見て、想像をふくらませてイラストを描き足していく。

 

☆夢が叶う夢ライブラリー

夢を叶えるレシピを集めた、名付けて「夢ライブラリー」。夢への扉を開ける鍵がきっと見つかるはず。

スイミー原画展では、原画と合わせて、絵本のコーナーがあちこちに設けられていて、来場者が自由に読むことができた。