まさ出版の日記③           夢見ヶ崎の夢ファイル

「夢が叶う街、夢見ヶ崎」次はおぬしが夢をかにゃえる番じゃ

3ステップで完成!夢見ケ崎のぶさマスク

今日から始まったゴールデンウィーク

外出ができないからこそ、

自宅でゆっくり親子の時間を過ごしませんか? 

そこで……。

おうちで楽しむ! 親子遊びを紹介します。

 

3ステップで完成!夢見ケ崎のぶさマスク

ミシンがなくても手縫いで、お子さんでも簡単にできますよ。

では、さっそく3ステップで完成する方法を紹介します。

 

 

ステップ①曲線のところを縫う。

 

ぶさマスクのキットには、マスクの前側、黒のリネンと、マスクの後ろ側、ガーゼがそれぞれ2枚ずつ入っています。まず、黒の布を2枚、内側が布の表になるように重ねて、曲線のところをなみぬいで縫います。ガーゼも、同じように2枚重ねて、曲線のところをぬいます。布のはしから、1cmくらい内側を縫ってください。縫うところにチャコペンで線をひくとわかりやすいですね。待ち針でとめると布がずれません。

ぬい終わったら、ぬいしろの部分を、この図のように、はさみで切ります。縫ったところを切り落とさないように気を付けてくださいね。

 

 

ステップ② 上下をぬう

 

縫った布を広げると、この図のような形になります。黒のリネンとガーゼを、①で縫ったぬいしろが見えるように、内側を表にして重ねます。①と同じように、2枚の布を待ち針でとめ、布の端から1センチメートルのところをなみぬいで縫います。縫ったら筒状になるので、くるっと表にひっくり返して下さい。

 

 

ステップ③ 両端を三つ折りにして縫う

 

マスクの後ろ側を上に向けて置き、両端にゴムを図のように置きます。キットにはゴムのかわりに毛糸が入っていますが、着古しのTシャツやストッキングを1センチ幅くらいに細長く切って、両端を引っ張ると、くるんとまるまってゴムの代わりになります。そのゴムを包むように、両端を三つ折りにして、かがりぬいでぬいます。

縫ったら、ゴムを耳の位置に合わせて結び、出来上がりです。

 

親子でおしゃべりしながら、チクチク縫物をすると、コミュニケーションのきっかけにもなりますよ。ぜひ作ってみてください。

 

 

vol.15肉筆街頭紙芝居を日本文化として、広く世界へ発信していきたい【望月晶子/紙しばいや もっちぃ】

 

 
①活動をはじめたきっかけ

CAのトレーニングのロールプレーで、表現の楽しさに目覚めた。
帰国後、映像の端役をしていたところ紙芝居師のオーディションを受け、街頭紙芝居に出会う。
 
②これまでの活動の内容
 
フードロス、ゴミ問題、多様性、多世代共生、環境問題などをパロディ化し、笑いを交えてオリジナル紙芝居を各種イベントで公演している。バルーンアート+紙芝居、皿回し+紙芝居、南京玉すだれ+紙芝居などをコラボレーションした新感覚の紙芝居をパフォーマンスしている。

また一方で、昭和の肉筆紙芝居を収集し現代に新しい形でよみがえらせその魅力の再発見を伝える活動をしている。
肉筆街頭紙芝居「鞍馬天狗」は、殺陣+紙芝居のコラボレーションで、立体的な紙芝居を実現している。
 
③今後の夢について
 
紙芝居は多世代に響く素晴らしいツールである。文化、ことば、障がいのあるなし関わらず、あらゆる違いを超える素晴らしい双方向性コミュニケーションツール。

「紙芝居」は一つの枠にとどまらない多様な表現ができる魅力的な媒体であること、また一方で過去に作られた現在重要文化財として認識されている肉筆街頭紙芝居を日本文化として、広く世界へ発信していくのが夢。
 
 
●プロフィール
紙しばいや もっちぃ 

 

元国際線CA。

昭和の古い紙しばいを紹介するとともに、

オリジナルの3D的なパフォーマンス型紙芝居をします。

【紙しばい+α (コスプレあり、皿まわしあり、玉すだれあり、バルーンアートあり、クイズあり)】

紙芝居を軸として、多世代が集まり、多様性を認め合って一つとなる。

皆で同じ時間と空間を共有できる紙芝居を目指します。

紙しばいという日本文化を紹介します。

元国際線のCA、と言っても大昔( ´∀` )

英語も今ではかなりサビ付き( ´∀` ) しかし、

世界11か国からなるメンバーとチームを組んだフライト経験、

日本人ならではのおもてなしの心、

また世界31か国をバックパッカーとして旅した経験を紙芝居に活かしています。

 
【ホームページはコチラ】
 
 
 

観客参加型の原画展

 

『ゆめみがさきのふしぎにゃトンネル』絵本展では、

 スイミー原画展を参考にして、次の3つのコーナーをつくる。

 

①夢が叶うみんなの木

 花びらの付箋に、あなたの夢を書いて木に貼ってね。みんなの夢が集まって、つながって。花が増えるほど、夢がかなう木がぐんぐん育ちます。

➡ 葉っぱのカタチの付箋に、来場者がレオレオニの好きな絵本を書き込んで木の幹に張り付けるコーナー。この隣にレオレオニの好きな絵本は何ですか?の有名人パネル。夢が叶う夢ファイルを「みんなの木」の隣に設置。スイミー原画展では、パネル、みんなの木、フォトスポットが入場口のプロローグにあった。

 

②夢が叶うフォトスポット

 「おぬしが ゆめを かにゃえる ばんじゃ」主人公のブサといっしょに写真を撮ろう。あなたの夢がかないますように……! 

➡レオレオニのでっかいポスターといっしょに写真が撮影できるフォトスポットがあった。ぶさのミニミュージカルでは、舞台セットの前で、写真を撮影する親子がいた♪ ここで写真をとると、夢が叶うフォトスポット。

 

③夢が叶うワークショップ

 「絵本作家になろう」をコンセプトにしたワークショップです。紙と鉛筆さえあれば、あなたも今日から絵本作家。今回は、スマホを使った絵本づくりも体験できます。

スイミー原画展では、レオレオニがどんなふうにして、あの独特の絵を生み出しているのか体験するワークショップのビデオ映像が流れていた。透明のアクリル板に絵具をつけてペタンと紙に押し付ける。たまたま浮かび上がった模様を見て、想像をふくらませてイラストを描き足していく。

 

☆夢が叶う夢ライブラリー

夢を叶えるレシピを集めた、名付けて「夢ライブラリー」。夢への扉を開ける鍵がきっと見つかるはず。

スイミー原画展では、原画と合わせて、絵本のコーナーがあちこちに設けられていて、来場者が自由に読むことができた。 

 

vol.14 Himawariチャンネルのおーちゃんとまーちゃんの家に遊びに行きたい【なっちゃん5歳】

保育園年中組のなっちゃん

お気に入りのユーチューブ「Himawariチャンネル」の

おーちゃん、まーちゃんが近所に住んでいると

思い込んでいるらしい。

 

休日になると「今日は、おーちゃんまーちゃんの家に遊びにいく!」

と駄々をこねる。

 

幼児にとって、ユーチューブの世界=現実の世界。

おーちゃんまーちゃんはね、ユーチューブの中の人で

どこに住んでいるか分からないんだよ。

と説明しても、どうしても納得いかない。

 

夢ファイルにのっけると、お願いが叶うんだよ。

夢ファイルに書いとくね。

というわけで、なっちゃんも夢ファイルに仲間入り。

 

どうぞなっちゃんの夢が叶いますように!

 

 

夢が叶う夢見ヶ崎ミニミュージカル、ユーチューブで公開中

夢見ヶ崎の夢見るミニミュージカルの動画が

ユーチューブにアップされた。


https://youtu.be/UkD8yWLvvXI

シナリオ/塩田佳史 出演/ソンデクーバ

 

家族劇団、ソンデクーバさんに渡したシナリオは、

最初、絵本に沿って、歴史を舞台にした内容だった。

(CHAPTER3で公開しているもの)

 

ところが、夢見ヶ崎動物公園で打ち合わせをしたとき、

「夢を叶える」というテーマを話したところ、

「それは面白い!」とソンデクーバの塩田夫妻。

 

「では、夢を叶えるというテーマを太い幹にして、

歴史は、その周辺にちりばめるというカタチにしてはどうですか?」

と提案してくださった。

 

こうして出来上がったのが、塩田佳史さん作のニューバージョン。

大満足の仕上がりとなった。

 

シナリオだけではなく、

舞台セット、キャラクターぶさのぬいぐるみ、縄文時代をイメージした衣装……

一回の舞台のために、一から手作りして

ノリノリで上演してくださったソンデクーバさんに感謝!

 

保育園、幼稚園、小学校、地域のイベント、

どこでも上演できるそうです(^^♪ 

ソンデクーバのホームページはコチラ↓

〜La familia〜 Son de Cuba

 

 

 

 

CHAPTER4「夢が叶う夢ライブラリー」プロローグ

 

『軽くなる生き方』松浦弥太郎著(サンマーク出版
の中にこんな一節があります。

 

ーー「生きるレシピ(=人生の知恵や仕事のやり方)」を秘密にするのは、
タンス預金をしているようなもので、運用にならない。
利子もつかないどころか、価値はどんどん減っていく。

 

四〇歳になったら、貯め込んできた「生きるレシピ」は、
そっくり社会に預けてしまうのがいいと思う。
どんどん人に教え、そっくりそのまま与えていくーー

 

私にとって、お気に入りの本は、いわば「夢を叶えるレシピ」。
厳選した本を手元に置き、
何度も何度も繰り返し読んで、ひとつひとつ、夢を実現につなげてきました。

 

「この本読んでみたい!」という友人の声をきっかけに、

我が家でタンス預金しておくよりも
みんなでシェアして、ハッピーの輪を広げたいと思い
本棚をそっくりそのまま公開することにしました。

 

一般的な図書館や本屋さんの本と違うのは、
本文に、線がたくさんひいてあること。
私自身が、とくに心を動かされたところです。

 

「ここおもしろいよね」「うん、こんな考え方があったんだね」
そんな感じで、まるで会話をしているように
読んでいただけるといいなと思っています。
名付けて、「夢が叶う夢ライブラリー」です。

 

本を通して、共感しあえる仲間が増えたら、

「こんなことをしたいな」

「私もしたい。それなら一緒に始めよう」

そんなふうに、仲間の輪がつながっていきます。

さらに、どんどん輪が広がれば、

ワクワクが、もっともっと大きくなるはず。

 

CHAPTER4では、夢ライブラリーの本から

しるしをつけた文章を抜粋して紹介しました。

 

あなたの夢への扉を開ける鍵になりますように!

 

 

 

 

 

 

幸せな人とは、とても単純に「あー幸せだなー」と思う時間が長い人です KANAKO(カウンセラー)

幸せって、あれしなきゃ、これしなきゃ、という複雑なものじゃなくて、

単純に、心が幸せで満たされていればいい。

シンプルに、そういうこと。

この言葉は、いつもお守りのように、心にとどめています。

 

KANAKOさんは、こうも言っています。

 

「人それぞれに幸せと思う状態は違うと思います。

どういう状況に自分がいれば幸せなのか、考えて作り上げるしかありません」

 

ーーどういう状況に自分がいれば幸せなのかーー

いつも意識して考えるようにしています。

 

なぜかというと、

幸せな状況というのは、人それぞれ違うのはもちろん、

同じ人でも、

以前、幸せと感じていたことが、いまの自分にとっては違うかもしれない。

 

以前は、一日中、パソコンの前に座って原稿を書くことが、

何よりの幸せでした。

一日の時間があっという間にすぎて、

自分の得意を生かして働けることに、喜びを感じていました。

締め切りのプレッシャーさえも楽しんでいました。

 

でも、今の私は、そうは感じていません。

 

一日中部屋の中にいることに、違和感を感じる。

一日中座っていることに、違和感を感じる。

インターネットで無限の情報とつながることに、違和感を感じる。

 

今の私は、

自然の中にいたい。

手と足と、体を動かしたい。

インターネットにつながる時間は必要最低限にしたい。

 

自分にはライターの仕事しかない、

原稿を書いているのが一番幸せなんだという

思い込みが強すぎて、

何年も違和感を抱えたまま、しがみついていました。

 

でもやっと、はっきりと気が付いたのです。

前の私と今の私は違うのだと。

 

今の私が「あー幸せだなー」と思う瞬間は、

 

自然の中にいるとき

手足を動かしているとき

体験から何かに気づいたとき

 

家族といっしょにいるとき

心のこもったご飯をたべているとき

かたづいた部屋にいるとき

 

書きたい原稿の内容も変わりました。

本やネットの情報を調べて文にまとめるのではなく、

自分で体を動かして、その体験をベースにした文章を書きたい。

文章がメインじゃなく、あくまで体験がメイン。

体験から生まれる気づき、自然にこぼれだす思いを文章にする。

ひとつのテーマに、長いスパンでじっくり取り組みたい。

 

ーーどういう状況に自分がいれば幸せなのかーー

 

思い込みを取り払って、自分の感覚に素直に向き合ったとき、

今後の方向性がおのずと見えてきました。

 

今までのライター一本の生活から、

二足の草鞋に切り替えることにしました。

 

体を動かす仕事 × ライター

 

何年も動けなくて、前に進めないままもがいた時期、

私は何て時間を無駄にしてるんだろうと思ったこともありましたが、

これも、私にとっては貴重な「体験」のひとつ。

 

その体験があったからこそ、書ける文章があるかもしれません。

その体験があったからこそ、オリジナルのライフスタイルが生まれるかもしれません。

 

「蓮華が清らかな高原や陸地ではなく汚い泥の中に咲くように、

迷いを離れて悟りがあるわけではありません。

迷いの中に、悟りの種はあるのです」

『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』水野敬也著(飛鳥新社

 

今は自分に何ができるかわかりません。

でも少なくとも、方向性だけは見つかった気がしています。

今の私の感覚に合うライフスタイルを見つけて、

「あー幸せだなー」と思う時間を

たっぷり長く味わっていきたいと思っています。