まさ出版の日記③           夢見ヶ崎の夢ファイル

「夢が叶う街、夢見ヶ崎」次はおぬしが夢をかにゃえる番じゃ

悪いこと嫌なことのほとんどは、感謝を忘れているときに起こります  浅見帆帆子(エッセイスト)

『大丈夫!うまくいくから 感謝がすべてを解決する』(幻冬舎

 

『大丈夫!うまくいくから 感謝がすべてを解決する』の中に、

こんな一節があります。

「なにかがうまくいったとき、自分ひとりだけの力で成し遂げていることなんてありません。目に見える人の力、見えないところで動いてくれた人の力、本当に目に見えない力、必ずこれらがひとつになってものごとが成り立っています」。

 

 著者の浅見さんは、こう述べています。「悪いこと嫌なことのほとんどは、感謝を忘れているときに起こります」。陰で動いたすべての力に、心から感謝したとき、「感謝したくなるようなことが追いかけてきます。〈うれしい〉〈楽しい〉と思っている人に、また楽しいことが起こる仕組みと同じです」

 

 不満のスパイラルより、感謝のスパイラルのほうが、ずっといい。

 今日も感謝を忘れずに。